本書の紹介・書評



・月刊誌『本の雑誌』2005年4月号の「馬の耳に新書」というコーナーで本書が取り上げられました。A5版の雑誌で1ページほどの分量です。

「人間にとってなにが価値であるか」という根本的な問い‥‥大多数の人にとって‥‥あまりにも手強い問いだ‥‥だけど、こういう問いを扱うのに慣れた人、しかもものすごくアタマイイ人にガイドしてもらって進めば、けっこう遠くまで探検できます。
(渡邊十絲子「"ちくまぶり"の王道を行く『「おろかもの」の正義論』」より)

・月刊誌『諸君!』2005年3月号の宮崎哲弥「今月の新書 完全読破」で、拙著が「今月のベター」として取り上げられていました。ごく短いものでしたが。

・「WEB本の雑誌」

「我々に現在欠けているものこそ、この辛抱強く考察を積み上げてゆく態度なのではないのかと、感銘を受けた」
※TOPページ以外へのリンクは禁止されていますので、
「今月の新刊採点」 >> 「勝手に目利き」(単行本班(左側のアイコン)) とたどってみてください。ページの一番最後にレビューしていただいています。

・朝日の紙面から

戦争、生命倫理と多様な窓口を設定し平易な言葉で思索に誘う。

・毎日新聞の記事は、更新されて読めなくなりました。



 | 公式ページトップへ  | "Thinking like Singing"トップへ  |