酔いどれキーボード


パソコンが起動しなくなった。
再インストールしようとしても、再起動を繰り返すばかりだ。この忙しいときに、と思うが修復再インストールを諦めて、領域解放することにした。

そして、復旧のためにあたふたしていると、キーボードにウィスキーをこぼしてしまった

自分が悪い。
  まったくそのとおり。
酒飲みながらパソコンいじるな。
  いや、返す言葉もない。

ウィスキーを浴びたキーボードは、kkkkkkkk‥‥を打ち続けた。どうやらこいつは笑い上戸らしい。

いま、水に漬けてある。復活するといいのだが。




●その後

 水に漬ける・乾かすを二度繰り返したが、復活しない。一度目より状態が悪化しているので、どうやらもうダメのようだ。一度目はウィスキーがかかった部分のキー以外は正しく打てる状態まで復帰したのだが、二度目はほとんどのキーが反応しなくなった。どうやら接点が錆びてしまったようだ。

完全に乾いていない可能性もあるので、もう二,三日乾燥させるが、あまり期待できそうにない。

昔、カード型電卓を胸ポケットに入れたまま洗濯してしまったことがあった。このときは、三日ほど乾燥させるとみごとに復活したのだが。

そういえば、この関連のネタで二度いまはなき「The BASIC」(技術評論社)に投稿が採用されて図書券をもらったのだった。今回は単に出費があっただけだったのは残念なところである。転んでもただでは起きない、が理想なんだけど。






 | トップ  | 番外地目次  |