ウィルスの意外な被害



・鯔(ボラ)が釣れた日

コンピュータウィルスがまた流行っている。

ファイアウォールを設定する、怪しいメールは開かない。この二つを守っておけば、ウィルスはさほどこわいものではない。

ここ数日になってようやく数が減ったが、流行がしばらく続くと、読まずにメールを削除するのに慣れっこになってしまう。

鯔ーネ「R

メールの件名が文字化けしているのも、ウィルスメール、スパムメールの特徴の一つだ。知人からのメールで文字化けまったくといいほど無い、少なくともわたしの環境では。 「鯔ーネ「R」という件名のメールを無造作に削除しようとしたとき、ふと気になって本文を見た。

見てよかった。わたしのWEBサイトを見てくれた人からのメールだったのだ。必要なメールを削除してしまうというのも、ウィルスの被害の一つといってもいいかもしれない。

そういえば、以前にも同じ経験をした。そのときの件名にも「鯔」が含まれていたことを憶えている。文字コードをいくつか変えて試してみたが、意味のある文字列にはならなかったところを見ると、単なる偶然の文字化けだろうか。

とはいえ、二度あることは三度ある。鯔には注意したほうがよさそうだ。






 | トップ  | 番外地目次  |