ちくま新書脱稿



打ち合わせで増えた章を先ほど書き上げました。ようやく脱稿です。

もっとも、予定の枚数を大幅に超過しているので、これからまた調整する作業が残っています。

まだまだ気は抜けないのですが、それでも大きな区切りがつきました。


少し余裕が出たので、ずっと懸案だったWEBサイトの再構築について考えているところです。もともと、メールマガジンの連載のバックナンバーの掲載ページだったのですが、すでにメールマガジンは廃刊です。

せっかくドメインをとったのに、"http://thinker.jp"をほぼ使っておらず、サブディレクトリの"tls"が主になっているのももったいない話かもしれません。

ただ、全体の構成を変えるとなると、かなりの大事になるので、これは調整作業が終わってからにしたほうが良さそうです。

手始めには、「法哲学番外地」を整理して、法哲学との関係があるものと、本来の趣旨である「面白いと思ったことの記録」とを分けようかと思っています。

そして、もう一つ。ほとんどの人が気づかないし関係がない部分で変更したいと思っていることがあります。







 | トップ  |