『ちくま』執筆



『ちくま』への執筆を依頼された。

『ちくま』というのは筑摩書房のPR誌だ。出版社のPR誌と言ってもあまりなじみのない人が多いかもしれない。100ページに満たない小冊子で、出版情報の他、随筆・小説などの連載も載っている。本をよく買う人なら、目にしたことはあると思う。書店で本を買うと無料で添付してくれることが時々ある。

http://www.chikumashobo.co.jp/w_chikuma.htmlに「Webちくま」があり、"「Webちくま」は、筑摩書房のPR誌「ちくま」のWeb版です"と書かれているが、中味はけっこう違う。

ちくま新書は毎月5,6点刊行されているが、その中のひとりに『ちくま』への執筆を依頼するのだそうだ。そして、12月刊行分の筆者の中ではわたしが選ばれたというわけだ。

とてもありがたい話だと思う。だが‥‥ますます解放されない。





 | トップ  |