法哲学講義



 ある短期大学の夜間部で「法哲学」の講義をすることになった。情報処理演習室を借りて、CMSと呼ばれる授業支援システムを使い、内容的にも先端技術的にも高度な講義をしたいと考えていた。

 ZZR400で2時間以上かかってたどり着いたその演習室に来た学生はわずか4人だった。

法哲学というただでさえ訳の分からない講義をコンピュータを使ってするというのは、意味不明の極致に見えたのかもしれない。

残念ながら、考えていたさまざまな試みは断念せざるを得ないようだ。4人では意味がないことが多い。

帰り道、弧を描いて昇っていく湾岸高速へのランプウェイは、空に向かって飛び立つようだった。海を渡るようなブリッジの眺めは、星々の中を翔けているようだった。

バイクで走っている間、することといえば、いつもと同じ、考えることだ。

思い通りに行かないのは当然だ。大事なのは、結果を謙虚に受け止めてその先を考えることだろう。





 | トップ  |