お休み


 わたしが、できるだけ多くの人のために「正しさ」について書いたことは、失敗だったようだ。残念だが、やむを得ない。謙虚に結果を受け入れるべきだろう。しばらく「正しさ」について分かりやすく書こうとすることをやめようと思う。もう少し力をつけて、また挑戦できるといいのだけれど。



 | トップ  |