法哲学で何かオススメの本はありませんか


 入手のしやすさと価格を考慮して、

森村進『自由はどこまで可能か -- リバタリアニズム入門』
                   (講談社現代新書、2001、660円)
はどうでしょうか。
 国家と個人の関係は、法哲学の基本問題です。この本は、個人の自由を最大限に尊重する立場から、正当化できる国家とはどのようなものか考えるものです。日本ではとかく国家をアタリマエのものと見なしがちですので、このような考え方は新鮮に見えるかもしれません。
 ただし、わたしとはずいぶん考え方が違います。



 Q&A目次に戻る  ▲ TOPページ